鯖江市ニュース!

追い込まれたDAIGO、24時間マラソンのゴールは紅白?(元記事
sdaf

 芸能ニュースがネタ枯れ気味の中、橋下徹大阪市長(45)が政界引退を表明し、フィギュアスケートの浅田真央選手(24)が現役復帰を宣言した今週。

 新たな「ハーフハーフ」に、歌手のDAIGO(37)が立たされた。日テレ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーに指名されたのだ。これまでとは違い、本人に考える時間を与えるという演出法がすでに話題だ。

 「ちょっと新しいアプローチですね、驚きました」とバラエティー番組の放送作家は、手口のうまさをたたえる。そのうえで「すでに断れない状況に追い込まれている」と見て、こう続ける。

 「健康問題でもなければ、断れば即、ネットでチキン(臆病者)扱いされますよ。育ちのいいロック歌手、女優と美しい恋愛を楽しんでいる最中ですので、あえて走ることにプラスαはない。ただ、バンドの知名度を上げたい、ヒット曲を出したい、NHK紅白歌合戦に出たいという思いが強くて、そのプロモーションととらえれば、格好の“宣伝ラン”になる」

 NHK関係者から以前、「武道館ライブが1日では、紅白の基準を突破できない。2デイズが必須」と聞いた。2デイズ武道館の前に、まずは2デイズランか。

▼スポンサーリンク

瀧本美織ミニスカで美脚披露 ラグーンが無料ライブ
sdaf

 女優瀧本美織(23)がボーカルを務める女性5人組バンドLAGOON(ラグーン)が23日、川崎市のラゾーナ川崎で、2枚目シングル「KNOCKED-OUT BOY」の発売を記念した無料ミニライブを行った。

 表題曲やデビューシングル「君の待つ世界」など4曲を披露。かれんなルックスからは想像も付かない力強い歌声と、ミニスカートの衣装からのぞく美脚を披露した。

 一方で、何とか道行く買い物客の足を止めようと、「ラゾーナ川崎の皆さ~ん、もうお買い物はしましたか~?」と天然気味な呼び掛けをして、ファンを笑わせた。

 朝は都内で、声優を務めた映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」の初日舞台あいさつに出席していた。

 4時間後には川崎でミニライブのステージに立ち、握手会にも参加した。「『バカヴォン』は、もうまじめな記者会見はこの間やっていて、今日はバカっぽい雰囲気だったので楽しかった(笑い)。今日は切り替えられたかなと思う」。多忙な1日にも、笑顔を見せていた。

 イベントでは、12月6日に東京・六本木のEXシアターで初のワンマンライブを行うことも発表された。瀧本は「初のワンマンライブ決定しました。本当に恵まれてますよ。ぜひ遊びに来てもらいたいです。絶対、来て後悔しない時間にしようと思います」

▼スポンサーリンク