鯖江市ニュース!

ゆいはん、ぱるるら速報順位にひと言(元記事
sdaf

 AKB48のメンバーたちが、第7回AKB48選抜総選挙(来月6日開票)の速報順位発表を受けての心境を明かした。

 さいたまスーパーアリーナでシングル「Green Flash」「僕たちは戦わない」の発売を記念した握手会を開催した。

 握手会前のライブ終盤に、メンバー16人がステージに登場した。19日に行われた速報発表について、横山由依(22)がメンバーたちに心境を尋ねた。

 速報で23位だった高橋朱里(17)は「昨年は、目標だったアンダーガールズ(17~32位)に入れたんですけど、今年もやっぱりもっと高い目標にしているので、ファンのみなさんと一緒に上に行きたいです」。目標を聞かれると「選抜です!」と16位以内入りを宣言した。

 2回目の総選挙で、初の速報ランクイン(54位)となった向井地美音(17)は「ありがとうございます。本当にうれしかったですし、同期のメンバーが入ってたりとか、ヤングメンバーがたくさんはいっているのをの見て、躍進の1年になればと思いました」と喜んだ。

 速報7位の島崎遥香(21)は「私は、ありがたいことに、毎年(最終)順位が上がっているので、今年も上がったらいいなと思います」とニッコリ。今年12月で卒業し、最後の総選挙委での1位奪取を目標にしている高橋みなみ(24)は、「今回、劇場で、チームAのみんなと速報発表を見たんですが、絶妙な緊張感がありました。ただ、まだ速報じゃないですか。こっからは何かがあるか分からないですから」と話した。

 昨年の最終順位が13位だったが横山は、今回の速報では20位だった。「ちょっと私は、順調ではない滑り出しだったんですけど…」と苦笑い。「いつも、(最終的に)速報から順位が落ちてしまうので、不安なんですけど、総選挙という一大イベントは、ファンの方々みなさんと一体になれるのかなと思います。気持ちを高めていきたいなと思います」と前向きに話した。

 ライブでは、握手会史上最多の22曲を披露。冒頭で高橋みなみが「今日は握手会というか、もうコンサートですね、これは。22曲、全てミリオンシングルを披露させていただきます!」と宣言した。

 その後はチームAが「Beginner」「ハート・エレキ」「永遠プレッシャー」「Everyday、カチューシャ」「恋するフォーチュンクッキー」を、チームBが「フライングゲット」「GIVE ME FIVE!」「ラブラドール・レトリバー」「Green Flash」「さよならクロール」を、チームKが「UZA」「ギンガムチェック」「So long!」「風は吹いている」「前しか向かねえ」を、チーム4が「心のプラカード」「真夏のSounds good!」「鈴懸なんちゃら(略称)」「上からマリコ」「希望的リフレイン」を披露。途中、松井咲子(24)の生ピアノ演奏に乗った「桜の木になろう」もあり、最後は、この日公称出荷枚数が300万枚を突破したことが発表された最新シングル「僕たちは戦わない」で締めくくった。

▼スポンサーリンク

追い込まれたDAIGO、24時間マラソンのゴールは紅白?(元記事
sdaf

 芸能ニュースがネタ枯れ気味の中、橋下徹大阪市長(45)が政界引退を表明し、フィギュアスケートの浅田真央選手(24)が現役復帰を宣言した今週。

 新たな「ハーフハーフ」に、歌手のDAIGO(37)が立たされた。日テレ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーに指名されたのだ。これまでとは違い、本人に考える時間を与えるという演出法がすでに話題だ。

 「ちょっと新しいアプローチですね、驚きました」とバラエティー番組の放送作家は、手口のうまさをたたえる。そのうえで「すでに断れない状況に追い込まれている」と見て、こう続ける。

 「健康問題でもなければ、断れば即、ネットでチキン(臆病者)扱いされますよ。育ちのいいロック歌手、女優と美しい恋愛を楽しんでいる最中ですので、あえて走ることにプラスαはない。ただ、バンドの知名度を上げたい、ヒット曲を出したい、NHK紅白歌合戦に出たいという思いが強くて、そのプロモーションととらえれば、格好の“宣伝ラン”になる」

 NHK関係者から以前、「武道館ライブが1日では、紅白の基準を突破できない。2デイズが必須」と聞いた。2デイズ武道館の前に、まずは2デイズランか。

▼スポンサーリンク

瀧本美織ミニスカで美脚披露 ラグーンが無料ライブ
sdaf

 女優瀧本美織(23)がボーカルを務める女性5人組バンドLAGOON(ラグーン)が23日、川崎市のラゾーナ川崎で、2枚目シングル「KNOCKED-OUT BOY」の発売を記念した無料ミニライブを行った。

 表題曲やデビューシングル「君の待つ世界」など4曲を披露。かれんなルックスからは想像も付かない力強い歌声と、ミニスカートの衣装からのぞく美脚を披露した。

 一方で、何とか道行く買い物客の足を止めようと、「ラゾーナ川崎の皆さ~ん、もうお買い物はしましたか~?」と天然気味な呼び掛けをして、ファンを笑わせた。

 朝は都内で、声優を務めた映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」の初日舞台あいさつに出席していた。

 4時間後には川崎でミニライブのステージに立ち、握手会にも参加した。「『バカヴォン』は、もうまじめな記者会見はこの間やっていて、今日はバカっぽい雰囲気だったので楽しかった(笑い)。今日は切り替えられたかなと思う」。多忙な1日にも、笑顔を見せていた。

 イベントでは、12月6日に東京・六本木のEXシアターで初のワンマンライブを行うことも発表された。瀧本は「初のワンマンライブ決定しました。本当に恵まれてますよ。ぜひ遊びに来てもらいたいです。絶対、来て後悔しない時間にしようと思います」

▼スポンサーリンク